法事とは?|葬儀の知識

法要と法要の違いの写真

法要と法要の違い

親族が亡くなった後に様々な期間で繰り返し法要が行われ、故人を偲ぶことになります。法要を行いたい場合は、最低でも1ヶ月前には寺の住職に相談して日時や場所を決めておきましょう。

仏式の葬儀と法要は同じものだと思っている人がたまにいます。しかし、実際には、仏式の葬儀と法要は全く別物です。

法要は、悲しむ家族や親族、知人、友人などが参列して僧侶にお経を唱えてもらうもので、法要は法要の後に会食を伴う法要です。

また、僧侶がお経を唱えて焼香する行事を法要、法要後に会食を伴う行事を法要といいます。法要とは、初七日、四十九日、一周忌など、故人が亡くなって埋葬された後に行われる大切な儀式のことです。

つまり、法要や会食を含む仏事を「法要」といいます。法要の後に行われる食事のことを「おつき」といいます。そのため、地域の人や信者が集まるお寺で行われる儀式はすべて「彼岸法要」や「彼岸法要」と呼ばれています。

食事付きの供養は、故人を仏様の状態に近づけるような良い功徳を得るためのものとされています。

生前に行った善行や、生前の親族や知人がどれだけ故人を偲び、供養するかが関係していると言われています。生前の故人の行動が非常に良く、供養をしていれば、輪廻を離れて苦しみのない極楽浄土に行くことができると言われています。

読経とその後のお食事を含めた法要を法要といいます。現在では、故人の魂を極楽浄土に行くようにお願いするほか、故人を偲ぶ機会としても行われています。

故人が亡くなった翌年の1年間は、多くの仏事を行わなければなりません。仏教では、死後の四十九日を「中陰」と呼びます。この間、7日ごとに閻魔大王によって、故人が極楽浄土に行くかどうかの判定が行われます。最後の審判が下された四十九日目は、喪の期間の終わりです。地域によっては、三十五日目が喪明けとなるところもあります。

浄土真宗では、人が亡くなると南無阿弥陀仏に導かれて至福の浄土に導かれるとされています。そのため、浄土真宗では故人を偲び、遺族が仏様の教えを聞くための法要が行われています。

法要というと、親族や故人に縁のある人たちが集まって、僧侶と一緒に故人の冥福を祈るものだという認識を持っている人も多いでしょう。しかし、厳密に言えば、法要は数ある仏教行事の中の一つです。そのため、お盆や彼岸の法要などの行事も仏事に含まれており、いわゆる仏事もその一つに含まれています。

港区での葬儀と家族葬はグランドセレモニー